読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HelthDiary By YuM

自分が興味を持っている物事を記事にしていきます お楽しみに

グルテンの怖さ

Helth Book Blog

「いつものパンがあなたを殺す」という衝撃的タイトルの本ですが

私はこの本を読んで、グルテンの怖さを知りました

 

残念ながら、TV番組ではパン業界などの圧力で

特集を取り上げられることはありませんが、注意すべきことだと思います

 

「日本とアメリカは違う」「日本は基本的にご飯が主食だから平気だ」

そんな批評を見かけましたが、その批評はとんだ間違いです

 

シリコンバレー式 最強の食事」の時も感じたのですが

彼らは本当に本を読んだのかなと疑ってしまいます

 

なぜなら、この本は小麦以外の白米、玄米、全粒粉、そば粉といった穀物すべてを

脳に炎症を起こさせる危険な食べものとしてみなし、警告しているからです

つまり、小麦と全粒粉に含まれるグルテンだけではないのです

 

近年の研究からグルテンが中枢神経に異常を与えることがわかり

更には、腸内環境も悪化させることからも

グルテンを含む食事は控えるように警告しています

 

しかし、脳の炎症、中枢神経の炎症は穀物全般にいえることだそうで

その原因となるのが過度の糖質

 

過度に摂取する糖質が原因で脳の萎縮を招くのではないかと著者は語っています

 

このことから、アルツハイマーなどは脳の糖尿病ではないかと疑われているのです

実際、脳は脂肪、タンパク質、コレステロールから成っているために

糖質はそれほど必要はないのです

 

しかし、脂肪とタンパク質を悪者にしてしまったことで

過度の糖質と野菜摂取が推奨されてしまい、

脳を作る上で必要な栄養素である脂肪、タンパク質などが不足するようになりました

 

これが現在の精神病発症の1つであると本では論じています

 

もちろん、野菜から摂れるVitamin、Mineralも重要です

また、腸内環境を整える重要性も唱えています

 

AmazonUSAで長期の1位を獲得した本書

かなりの反響があったらしく、企業に働く人達がこぞって読んだそうです

 

日本でも「粉もの」として、よく使用する小麦

 

幼少期の未発達のころから

過度にグルテンを含む小麦、全粒粉を食べさせることは危険です

 

学級崩壊の原因がすべて小麦ではないと思いますが

なるべく控えたほうがいいでしょう

 

それでは

広告を非表示にする